フリーター再生委員会
フリーターの皆さんへの応援サイト&コミュニティー広場。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

リベラルな生き方とは?

1.ホンネとタテマエの使い分けをやめる。「私個人としては反対だが、上(組織)の決めたことなのでやむをえずしたがう」といったあいまいな態度をけっして取らない。問題があれば断固として指摘し、譲らない姿勢をつらぬく。


2.社会常識となっている固定観念を疑い、何が正義で真実か、ゼロから物事をながめてみる習慣をつねにもつ。


3.若者の自主独立精神やボランタリーな実践を阻害する「老婆心からの忠告」をやめる。


4.正義や善悪を無視し「既存の権威にしたがう」ことを奨励する「大人または社会人としての自覚」という歪んだ通念を捨てる。むしろ逆に、いかなる場面でも自己主張ができ、誰にも依存せず自主的な行動や判断ができる人間こそが「成熟した大人である」と評価される価値観をもつこと。


5.他人の言動に我慢して、自分だけを責めることをやめる。原因はあくまで相手の言動にあるのだから、徹底してそれを質さねばならない。


6.「日本人は勤勉である」「コツコツ努力すれば、いつかは必ず報われる」といった根拠のない、誤った信念を捨てる。


7.「人生は厳しい」「石の上にも三年」といった、誤った信念を捨てる。


8.相手への一方的な妥協や屈従をうながす「思いやり」「親切さ」「まごころ」といった偽善的な強迫観念を捨てる。相手への配慮や親切は他人や社会に強制されてやるものではない。心にもない言葉や親切はかえって相手を傷づけるだけであり、何の善き結果をも生みはしない。真に必要なのは、相手の立場にたって、相手が何をすればいいのかアドバイスしたり、相手の自立に助力してやる「目に見えない配慮」である。


9・「協調性」「みんなで仲良く」といった偽善的な通念を捨てる。


10.「けんか両成敗」といった非合理的な判断をやめ、最後まで徹底して真実を追及する。

スポンサーサイト
【2008/04/19 06:22】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<タイトルなし | ホーム | 知ってますか?>>

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

占い

プロフィール

あしたば

Author:あしたば
逆算する世代から
フリーターの皆さんを
応援します。
あしたば

フリーエリア

耳より、情報

クリエイト広場

FREE広場
みんなの広場!

フリーエリア

Amazon・ブログパー

アフィリ

メールフォーム

問合せ?

アフィリエイト・SEO対策

フリーエリア

アルク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。