フリーター再生委員会
フリーターの皆さんへの応援サイト&コミュニティー広場。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

個性・・・・

・お互いの"個性"を認め合うことです
みんなひとりひとり違うのが当たり前なのです。

容姿など、目で見える違いは簡単に認めることができますが、目に見えない性質の違いとなると自分のモノサシで測っているのです。

みんな自分が当事者でないときは、誰でも"個性"があると理解できますが、いざ自分が当事者になってしまうと、その"個性"を認められず、理解できなくなってしまうのも人間です。
それは"個性"というものを客観的に理解しあう"道具"が今まで無かったからなのです。

人それぞれが持つ感受性やセンスのようなものが、"個性"と理解され非常に曖昧な違いとして処理されていたからではないでしょうか?

♪♪
性格というと、生まれつき(先天的)のものと、その後の環境に影響される(後天的)ものに分けられます。

この先天的な性格を「気質」とも言います。「個性心理學」でいう"個性"とは、この「気質」の部分を詳しく統計データから分類したものなのです。

その上に、環境に影響された性格が組み立てられるのです。
環境にも家庭などの狭義な環境と、その周囲の社会環境によるものに影響を受け、後天的な性格形成がされるわけです。

また会社など、社会の役割に応じた役割的環境によっても性格形成が行われ、加算されるのです。

恐ろしいのは、後天的な環境による性格形成が中心になってしまい、知らないうちにそのひとの本来の気質を無視してしまったような場合、こころに大きなストレスがかかっているのです。

ストレスの原因になっているのは、自分のモノサシが強すぎることです。
このモノサシが人との境界線を作っているのです。
そして、あなた自身のストレスとして跳ね返ってくるのです。

人生には山あり谷ありアクシデントがあったりしたときに、自分自身の「気質」が理解できていないと、大きなストレスになり、こころの中で葛藤が生まれるのです。

「個性」=性格=気質を理解し、自分を理解することで人生の方向も見えて来る事もあるのです。
スポンサーサイト
【2007/04/14 15:52】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<ほんものの、いい男? | ホーム | 見方、考え方・・・>>

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

占い

プロフィール

あしたば

Author:あしたば
逆算する世代から
フリーターの皆さんを
応援します。
あしたば

フリーエリア

耳より、情報

クリエイト広場

FREE広場
みんなの広場!

フリーエリア

Amazon・ブログパー

アフィリ

メールフォーム

問合せ?

アフィリエイト・SEO対策

フリーエリア

アルク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。