フリーター再生委員会
フリーターの皆さんへの応援サイト&コミュニティー広場。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

時々の、菜根譚・・・

♪♪


 心理を守る人は、寂しくも一時。権力にへつらえば、末代の名折れ。悟った人は物に囚われず、亡きあとの我が身を思う。いっそ一時は寂しかろうと、末代名折れのまねをすまいぞ。


 素人は、シミのない人。玄人は、腹黒い人。だから人間如才ないより、正直がよい。猫かぶりより、無遠慮がよい。


 心の持ちようは、カラリと晴れて、隠し立てなどせぬがよい。自分の腕前は、そっとしまって、ひけらかしたりせぬがよい。


 権力や金に、近寄らぬは潔白。近寄っても負けないのはなお潔白。知恵やカラクリは、知らないのが高尚。知っても使わないのはなお高尚。


 耳には耳の痛いことばかり、胸には無念なことばかり。それがわが玉をみがく石となる。おだてられたり、いいことばかりでは、われと我が身に毒を盛るようなものだ。


 雨風の日には、鳥さえ悲しむ。晴れた天気は、草木も喜ぶ。つまり、この世はいつも和やかなのがよく、人間はいつもにこやかなのがよい。


 くどい料理はまやかしだ。ほんとの味はあっさり。奇抜な人はまやかしだ。まことの人は平凡。


 天地は静かで動かぬが、営みは絶えず続いている。日や月は駆け通しだが、光は永久にかわらない。そこで人間、無事でもまさかの用意が必要。忙しくても趣味が必要。


 真の夜中に、起きて考えれば、迷いが醒めて正気が出てくる。その時こそ、悟りが開ける。正気の前には迷いも逃れず、そこで真から恥ずかしくなる。

10
 情けはとかく災いのもと。うれしいうちに手を引くのがよい。しくじりも時に手柄のもと。気を落してもすぐ手を放すな
スポンサーサイト
【2007/08/05 03:01】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<■スピリチュアルな7つの法則  | ホーム | 『七転八起』・・・>>

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

占い

プロフィール

あしたば

Author:あしたば
逆算する世代から
フリーターの皆さんを
応援します。
あしたば

フリーエリア

耳より、情報

クリエイト広場

FREE広場
みんなの広場!

フリーエリア

Amazon・ブログパー

アフィリ

メールフォーム

問合せ?

アフィリエイト・SEO対策

フリーエリア

アルク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。